新着情報

サウジアラビアに合弁で電力海底ケーブルの製造販売会社設立の件

 当社丸紅メタル株式会社(代表取締役社長 村田芳重)は、株式会社ジェイ・パワーシステムズ(代表取締役社長 福永定夫 以下「JPS社」)と共に、中東の産油国サウジアラビアに電力海底ケーブルの製造販売会社を合弁で設立することでこのほど合意に達しました。

 当社は従来より、中東を中心とする石油・ガス産出国向けにJPS社製電力海底ケーブルの輸出を行っておりますが、中でもサウジアラビアは近年、沖合い油田・ガス田の開発が本格化し電力海底ケーブルの需要が急増してきていることから、JPS社は同製品の生産能力を増強し旺盛な需要に対応することが必要となっておりました。こうした状況の中、JPS社及び当社は、重要顧客であるサウジアラビア国営石油会社Saudi Arabian Oil Company社(以下、「サウジ アラムコ社」)より、電力海底ケーブルの安定供給と共に敷設後の保守メンテナンスの必要性から現地への工場設立要請を受け、財団法人中東協力センターに事務局を置く日本・サウジアラビア産業協力 タスクフォース事務局殿のご支援のもと現地調査を行い、両社で製造販売拠点の設立に向けた協議を続けてまいりました結果、このほど合意に至ったものです。

 新会社が製造販売を計画するのは5kV〜35kVの中圧CV海底ケーブルで、販売先はサウジ アラムコ社に加えて、サウジアラビア政府とクウェート政府が共有するカフジ・ジョイント・オペレーション(「KJO」)及び、その他の中東・アフリカ地域等の沖合い油田・ガス田開発会社を予定しております。
新会社は中東・アフリカ地域では初の電力海底ケーブル製造販売会社であり、国内産業の育成や外国企業の誘致を推進しているサウジ アラムコ社からは、JPS社からの日本の最新技術の導入、新会社でのサウジアラビア人の雇用並びに日本での技能習得プログラム等の点からも非常に歓迎すべき案件であると高い評価を頂いております。

 今後の予定としましては、本年7月に新会社設立後、工場建設に着手、2011年1月頃の操業開始を計画しております。 尚工場用地はサウジ アラムコ社から提供を受ける予定です。

【新会社の概要】
商号 : J-Power Systems Saudi Arabia Co., Ltd.(予定)
設立年月 : 2009年7月(予定)
資本金 : SR62.5百万(約15億円) (総投資額30億円)
出資比率 : ジェイ・パワーシステムズ75%、丸紅メタル25%
事業内容 : 中圧(5kV〜35kV)CV海底ケーブルの製造販売
本社・工場 : 非公表
操業開始 : 2011年1月(予定)
売上高 : 約25億円(2011年12月期目標)

(注)CVケーブル:
Cross-linked Polyethylene Insulated Power Cable with Polyvinyl Chloride Sheath.
(架橋ポリエチレン絶縁ビニールシースケーブルの略)
ケーブルの絶縁体として、ポリエチレンを架橋し分子を網目状構造としてポリエチレンの欠点であった熱軟化性能を大幅に改善した架橋ポリエチレンが使用されています。

以 上


[本件に関するお問い合わせ先]

丸紅メタル株式会社 電線プロジェクト部
Tel.03-3221-3886/Fax.03-3221-3851
〒102-8250 東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル9F
URL: http://www.marumet.co.jp

ページの先頭へ